Concept


トップページ > ごあいさつ

2004年5月17日、【鵬友会横浜ほうゆう病院】のサテライトクリニックとして、認知症診療に特化した【鵬友会あしたばメンタルクリニック】が開設されました。

2009年4月1日、当時、【ほうゆう病院院長】であった、小阪憲司・横浜市立大学名誉教授のお招きで、久保田が院長に奉職しました。
認知症はもちろんのこと、不安・抑うつ症状群、統合失調症、広汎性発達障害など幅広く、そしてより深く、診療できるように心掛けました。

2015年5月末、鵬友会の社員総会で【あしたばメンタルクリニック】が9月30日をもって廃院されると決定されました。

久保田は他所で勤務しようかと思っていましたが、「廃院は困る」という患者様のお声により、急遽、鵬友会との継承の難しい交渉を重ね、慌ただしく開設準備進めました。

10月1日、数々のご支援のもと、【横浜いるかクリニック】を開設させていただきました。

開設にあたって、今まで以上に何よりも第一に、患者様・ご家族との信頼関係を大切にさせていただきます。

また、これを機に、新たに「スタッフが主体的に動ける」クリニックをめざしていきます。医師だけではできないことも、スタッフ全員の配慮でカバーをする、そんな温かいクリニックに育って行けたらと思っています。

院長もスタッフも定期的な自己研鑽に務めます。

小阪憲司・名誉教授にも引き続き、顧問を勤めていただけることになりました。

【横浜いるかクリニック】をどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

院長略歴
1988年  

  • 国立滋賀医科大学卒業 
  • 京都大学教育学部臨床心理学科でユング派の分析を受けた。

1988年 

  • 神奈川県立芹香病院・厚木病院(精神科・内科・脳神経外科)
  • 芹香病院の第一号研修修了生となった。

1990年

  • 横浜市立大学医学部付属病院神経内科助手。
  • 一般内科外来、パーキンソン氏病外来も担当。

1991年 

  • 横浜市立大学精神医学教室入局。神奈川リハビリテーション病院に赴任。
  • 脊髄損傷病棟、発達障害施設も担当。

1993年 

  • 沼津中央病院医員
  • 生活臨床、SST、小寺財団精神分析セミナー
  • 日本精神病院協会・認知症専門医取得および精神保健指定医取得。

1996年 

  • 横浜市立大学医学部附属病院精神神経科助手
  • 小阪憲司先生が恩師となった。
  • 神戸大学精神医学教室の故・安克昌先生と交流を得て、
  • 星野弘先生達の青木病院カンファレンスに参加し、
  • 臨床雑誌「治療の聲」(星和書店)の編集同人となった。

1999年 

  • 横浜南共済病院精神科医長
  • 平凡社刊 「精神医学の名著50」の、中井先生の項目を執筆

2003年 

  • 神奈川リハビリテーション病院・精神科・副部長
  • 日本老年精神医学会専門医取得。

2006年 

  • 藤沢市民病院・精神科部長
  • 緩和チーム、精神神経学会指導医取得。

2007年 

  • ハートクリニック町田院長
  • 認知行動療法と広汎性発達障害の臨床を深めた

2009年 

  • あしたばメンタルクリニック院長
  • 小阪憲司先生へのご恩返しのつもりでしたが小阪先生の横浜ほうゆう病院ご在職よりも長くなってしまいました

2015年 

  • 横浜いるかクリニック開設 院長

顧問:小阪憲司名誉教授
kosaka.gif
横浜いるかクリニックは、小阪憲司・横浜市立大学名誉教授が監修しています。
小阪憲司名誉教授は「レビー小体型認知症」の疾患概念を提唱したことで、世界的に知られています。
久保田院長の恩師です。


ご略歴
1939年 

  • 三重県伊勢市生まれ

1965年 

  • 金沢大学医学部卒業・名古屋大学医学部精神医学教室入局

1975年 

  • 東京都精神医学総合研究所副参事研究員・都立松沢病院兼務

1976年 

  • 大脳皮質にも多数のレビー小体が出現する認知症を報告。
  • この間約1年半Max-Planck精神医学研究所(ミュンヘン)客員研究員
  • ドイツ人の認知症の症例でもレビー小体が認められることを発見し、
  • これがヨーロッパでの初めてのレビー小体を伴う認知症の報告となった

1980年 

  • レビー小体病を提唱  

1984年 

  • びまん性レビー小体病を提唱。

1991年 

  • 横浜市立大学医学部精神医学教室教授

1994年 

  • 石灰沈着を伴うびまん性神経原線維変化病を提唱

1995年 

  • 横浜市立大学医学部附属浦舟病院長
  • 同年 イギリスで第一回国際ワークショップが開催され、
  • これまでの研究成果がレビー小体型認知症(DLB)と命名された。

1997年 

  • 辺縁系神経原線維変化認知症を提唱

2003年 

  • 横浜市立大学名誉教授、福祉村病院院長および長寿医学研究所顧問に就任。
  • 聖マリアンナ医科大学東横病院研究所所長を兼任。

2006年 

  • 第4回レビー小体型認知症国際ワークショップを横浜で主催

2007年 

  • 横浜ほうゆう病院、第二代院長に就任。

2007年 

2008年 

  • レビー小体型認知症家族を支える会顧問

2009年 

  • 久保田をあしたばメンタルクリニックに招く

2011年 

  • 横浜ほうゆう病院院長を勇退。メディカルケアコートクリニック院長。
  • あしたばメンタルクリニック顧問

2013年 

  • 朝日賞受賞

2014年 

  • 医療法人社団ヒルデモア クリニック医庵 センター南

2015年 

  • 横浜いるかクリニック顧問








pic_g025.jpg